入退室時刻と写真が同時記録できるエクセルソフトを新発売

 ご好評をいただいている入退室時刻記録エクセルソフト付きQRコードリーダーCP-01プラス(右の動画)に写真撮影を同期させるエクセルソフトの販売を開始しました(2万円)。

 入退室時のQRコード読み取りと同時にWEBカメラが写真撮影し(右のマンガ)、入退室時刻記録用エクセシートに画像を記録します。
 弊社よりご提供中の入退室時刻記録エクセルソフト同様、ライセンスフリー・コピーフリーですので、1セットお求めになれば、2セット目からはQRコードリーダーのみのご購入でOKです。
 入退室されるお客様の同時撮影は、名前と写真を対応づけできるので、よりきめ細かいお客様サービスに結びつきます。
 また、入退室空間全体を撮影すれば、入退室の待ち行列の状況などが把握でき、よりスムーズな入退室への改善につながります。


 なお、写真撮影に関しては、入退室者のプライバシー保護に注意を要しますが、車内を撮影する路線バス車内に掲示されたスティッカー(左の写真)が参考になります。





上記エクセルソフトを使わずに、CP-01プラスとWEBカメラだけでもシステム構築が可能です。

QRコードリーダーとWEBカメラのコラボレーション

 

 

時刻管理エクセルソフト付QRコードリーダー

「CP-01プラス」 は、

WEBカメラとの併用で威力が倍増します。


 「CP-01プラス」は、QRコードを読んだ時刻(入退室時刻など)がエクセルに自動記録されます。このとき、WEBカメラで一定時間ごとに写真を撮ることによって入退室者の姿が記録され、入退室記録と写真との事後照合が可能になります。
 WEBカメラは安価で、一定時間ごとの撮影は無料ソフトで可能なため、ほとんどコストをかけることなく、自動受付システムが完成します。